【新型相模線(E131径)】2021年11月18日から営業運行予定

JR相模線に新型車両が投入予定

新型の相模線E131系

JR相模線に、2021年秋頃から、新造のE131系(4両編成、12編成)が投入され、営業運転される予定です。
投入線区については、相模線(茅ケ崎~橋本間)と朝夕一部の直通列車に限り横浜線(橋本~八王子間)の線区においても運行される予定です。

https://trafficnews.jp/post/111011

新型車両の特徴は?

新型車両がどんな車両か気になりますよね。
この新型車両は、車内の快適性向上、バリアフリー化、安全性にも力を注いでいるようです。

  • 座席幅を拡して快適性を向上
  • 運行情報や乗換案内を表示する大型ディスプレイ(17インチ)を一部のドア上部に設置
  • 各車両に、車いすやベビーカーのためのフリースペース設置
  • 車内防犯カメラの設置

このほかにも色々な機能が備わっていますので、安心して乗車できます。
早く乗ってみたいですね。

営業予定

  1. 運転開始日
    • 2021 年 11 月 18 日(木)より順次運転開始
  2. 導入車両数
    • 総数 48 両(4 両×12 編成)
    • 2021 年度中に 12 編成を導入します
  3. 投入線区
    • 相模線(茅ケ崎~橋本間)
    • 横浜線(橋本~八王子間)…朝夕一部の直通列車のみ

引用元:相模線E131 系営業運転開始について

車体と座席のカラーリングへのこだわり

ちなみに、車両の前面デザインは、遠くまで広がる湘南の海とダイナミックな波の水しぶきを水玉模様で表現しているとのことです。また、前面と側面のカラーリングには、遠くまで広がる湘南の海をイメージした濃淡2色の青色からなっているとのことです。

さらに、座席のカラーは、相模川の豊かな流れや湘南の海をイメージした爽やかなブルー系のツートンカラーとのことです。

水玉模様が水しぶきで、横線が湘南の海のイメージ、座席もブルーのツートンで相模川と湘南の海のイメージとは、地元密着型したカラーリングへのこだわり感がすごいですね。

令和3年9月28日で開業100周年!

気になる相模線の歴史を調べてみました。もうすぐ開業100周年なんですね。本当にありがとうございました。
もうひとつ、全線電化30周年もおめでとうございます。
これじゃあ今年は、相模線に乗るしかないですね。

1921(大正10)年 相模線で採取した砂利の輸送を行うため、「相模鉄道株式会社」が、茅ヶ崎から寒川間、寒川から川寒川間(貨物線、のちに廃止)で開業

1922(大正11)年 寒川から四之宮間(貨物線、のちに廃止)が開通

1926(大正15)年 寒川から倉見間、倉見から厚木間が開通

1931(昭和 6)年 厚木から橋本間が開通し、茅ヶ崎から橋本間が全通

1944(昭和19)年 国が相模鉄道を買収(運輸通信省鉄道総局の管轄)

1949(昭和24)年 日本国有鉄道が発足

1987(昭和62)年 厚木から入谷間に海老名駅が開業

日本国有鉄道が民営化され、JR東日本に移管

1991(平成3)年  全線電化、八王子までの直通運転が復活

引用元神奈川県ホームページ

最後に

今回は、相模線を取り上げてみました。
神奈川県の中ではマイナーな電車ですが、今年で100周年なんですね。お世話になりました。

新型車両には一度乗ってみたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました