【株式投資】「力の源ホールディングス」の株主優待は「一風堂」

はじめに

こんにちは、投資生活1年目のぴーかんです。

投資初心者のぴーかんが、株主優待目当てで「力の源ホールディングス(3561)」の株を買ってみたので、ぴーかんがどのように考えって購入したか紹介します。また、今回株を購入するにあたってぴーかんが参考にした本も紹介します。

「株には興味があるけどリスクが怖くて躊躇している人」は、どうぞ最後まで読んでください。お小遣い程度で買うこともできるので勇気が持てるかもしれませんよ。

なお、株価予想ではないので、株の購入は自己責任でお願いします

株主優待の魅力

株で利益を得るには、「値上がり益」「配当」「株主優待」がありますが、ぴーかんが狙っているのは「値上がり益」です。理由は、「単純にうれしい」から。

ところが最近、株主優待も魅力的なんですよね。理由は、株価が一定額以下に下がりにくい傾向があるため、株価の値下がり時に強いからです

値上がり益を狙っている場合、株価が上がっているときはハッピーですが、下がるとブルーな気持ちになるものです。ところが、株主優待があると値下がり時のブルーな気持ちを緩和してくれるので、じっと待てばいいのです

しかも、株主優待が目的の場合、「売りのタイミング」に悩むことなくホールドしていればいいので、その点も初心者向きではないでしょうか

力の源ホールディングスについて

力の源ホールディングスと聞いてもピンとこないかもしれませんが、ラーメンで有名な「博多一風堂」の会社だといえばわかるかもしれませんね。もちろん株主優待は、一風堂で使える「食事券」です。

どのような優待を選ぶかというとこの辺りは好き好きだと思いますが、ぴーかんの場合、優待を受けるためだけに遠くへ行くのは嫌だったので、なるべく近くで優待が受けられないか調べました。

ちなみにぴーかんは、一風堂の熱烈なファンではありません。過去に一風堂には2回行ったことがありますが、最後に行ったのは25年以上も前です。それなのに、今は一風堂に行きたいと思うのですから、株主優待の力はすごいと思います。

株を購入した時のチェックポイント

力の源ホールディングスの株を購入した際に、ぴーかんがチェックしたポイントを紹介します。儲けることより、無理なく楽しむことを重視しました。

項目欲しい優待理由結果
株価5万円/100株以下予算の問題予算オーバー
(約6万円で購入)
優待の種類食事券普段行かない店に行ける望み通り
優待獲得株数100株効率的100株
権利確定2回/年得したい2回(3月、9月)
優待券数2枚/回2人分欲しい1枚/回(同伴者がいると2品ok
保有の条件なし待ちたくない1年以上保有の条件
配当金0優待で十分0円/株

ぴーかんの予算としては5万円以下でしたので、ちょっと予算オーバーしてしまいました。しかも、1年以上の保有条件があるので、優待を受けるのはずっと先ですね。

とりあえず、株価が上昇しようと下降しようと、株主優待を受けるまでは、力の源ホールディングスの株は持ち続けます。

Twitterの紹介

一風堂の関連Twitterを紹介します。画像だけでもおいしさが伝わってきますね。

参考にした本の紹介

株主優待におすすめの本
DSC_0039

ぴーかんが株主優待の株を買う際に影響を受けた本のリンクを下に貼っておきますのでよかったら読んでみてください。内容が共通するかもしれませんが、その共通する部分が大切なのかもしれませんね。

楽しみながらがっちり儲かる 優待バリュー株投資入門 | みきまる |本 | 通販 | Amazon
Amazonでみきまるの楽しみながらがっちり儲かる 優待バリュー株投資入門。アマゾンならポイント還元本が多数。みきまる作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また楽しみながらがっちり儲かる 優待バリュー株投資入門もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
一番売れてる月刊マネー誌ZAiと作った桐谷さんの株入門 | ダイヤモンド・ザイ編集部, ほししんいち |本 | 通販 | Amazon
Amazonでダイヤモンド・ザイ編集部, ほししんいちの一番売れてる月刊マネー誌ZAiと作った桐谷さんの株入門。アマゾンならポイント還元本が多数。ダイヤモンド・ザイ編集部, ほししんいち作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また一番売れてる月刊マネー誌ZAiと作った桐谷さんの株入門もアマゾン配送商品なら通常配送...

まとめ

今でも株は、「値上がり益」を目的として購入するものだと思っていますが、株を続けるためには、継続して楽しむことが重要ですよね。

しかし残酷なことに、株は、右肩上がりもあれば、右肩下がりもあります。この右肩下がりを乗り切るために株主優待を活用してはいかがでしょうか。小さな楽しみかもしれませんが、右肩下がりの時には貴重な喜びとなるはずですよ。

もしも興味があれば、株主優待のある株を買ってみてはいかがですか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました