スポンサーリンク

【老後資金】投資信託を始める前に読む本

はじめに

こんにちは、ぴーかんです。今回は、老後に備えて投資を始めようと考えている人におすすめの本 『考えない投資生活』(著者:福田猛) を紹介します。

40代、50代となると定年退職後のことが不安になりませんか。ぴーかんは50代ですが、定年退職後に老後の生活資金が枯渇するのではないかと不安を感じています。

現在サラリーマンであれば、退職後は年金と退職金で過ごすことにりますよね。ところが、年金と退職金で安心できる人ってどのくらいいるのでしょうか。2019年に話題となった「老後2,000万円問題」では、毎月5万円近く足りなくなると指摘されています。今のうちから対策を考えておきたいところです。

今回は、老後の資産形成に投資をしようと考えている人に書かれた本です。定年後に慌てても遅いので、今後投資をしようとしている人は、一度『考えない投資生活』を読んでみるといいかもしれませんね。

老後2,000万円問題については、こちらからどうぞ。本当に2,000万円が老後に不足するかはわかりませんが、今の生活を維持するのは厳しいですよね。

著者について

著者の福田猛さんは、資産形成コンサルタントで、ファイナンシャルスタンダード代表取締役とのことです。金融に関しての経歴は十分ですね。

・同志社大学卒業後、大手証券会社を経て、2012年ファイナンシャルスタンダード設立
・著書に「お金の不安から一生自由になれる 考えない投資生活」(飛鳥新社)、「プロがこっそり教える資産運用のはじめかた」(毎日新聞出版)などがある。
・2020年 一般社団法人ファイナンシャル・アドバイザー協会 理事就任

出典元:ファイナンシャルスタンダード株式会社

この本でわかること

この本を読むと、「考えないでも投資できる方法」がわかります。本のタイトルにあるとおりですね。

投資をしない人の多くは「考えるのが面倒」と思いっているのかと思います。私も投資に興味がありますが、「どれを買ったらいいか分からない」「買い時、売り時が分からない」「損したくない」等の理由が先行してしまうので、今までに一度も投資には手を出したことがありません。

確かに、「株」「FX」「不動産投資」等はリスクが大きく素人には難しいですよね。ですが、著者の福田猛さんがこの本の中ですすめているのは、「ミックス投資信託」という方法です。

どうして著者が「ミックス投資信託」をすすめるのかというと「ほったらかしても勝ち続けられる」からだそうです。この方法は、最近はやっている「億り人になる方法」ほどの派手さはありませんが、「投資の知識がない」「手元に大きな資金がない」という人であってもメリットを得られるのだそうです。

この本では、投資の知識やお金がなくても、低いリスクで着実に資産を増やせる投資信託の買い方が学べので、投資信託に興味がある人は、一度この本を読んでみるといいでしょう。

考えない投資生活
DSC_0420

投資信託のメリット

著者は、投資信託のメリットを「プロに丸投げして、ほったらかしにしておける方法」と言っています。 もしそれが本当だとしたら、ぴーかんのように「投資はしてみたいけど、どうしていいかわからないし、損するのは嫌だ」と思っている人には朗報です。

これまでに「つみたてNISA」や投資信託のことを勉強したことがある人ならわかると思いますが、著者は、「株などに比べて、毎月積み立てる投資信託はリスクがかなり低い」と言っています。

実際にはまったくリスクがないわけではありませんが、毎月積み立てる場合は、価格が下がった時に下がった分口数を増やせるメリットがあるので、長期的なサイクルで見れば最終的に損しにくいのです(下記のドル・コスト平均法を参照)。「価格が下がった時にも、これまでと同じ金額を買い続けるだけ」なので、「考えない投資生活」となるのだそうです。

ドル・コスト平均法とは、価格が変動する商品に対して「常に一定金額を、定期的」に購入する方法です。投資金額を一定にすることで、価格が低いときには購入量(口数)が多く、価格が高いときには購入量(口数)が少なくなり、平均購入単価を抑えることが期待できます。

引用元:三井住友銀行

これまでの投資信託の価格の上下を見ていくと、確かに価格が大きく下がることがありますが、何年もかけて必ず過去の価格を上回っている実績があるのです。「今後も絶対にそうだ」とは言えませんが、「分散投資」している分、株よりリスクが低いと言えます。

著者がすすめるミックス投資信託について

著者がすすめる「ミックス投資信託」は、インデックスファンドとアクティブファンドをミックスして運用するという方法です。それぞの良さを良いところ取りするのが目的です。

インデックスファンドは、ローリスク、ローリターン。アクティブファンドはインデックスファンドを上回る利回りを目指しますが、手数料が高く、しかも必ずしもインデックスファンドを上回るとは限らないのが特徴です。

インデックスファンドとアクティブファンドの違いについては、下のリンクを参考にどうぞ。初心者には、

ファンドにはどんな種類がある?:三井住友銀行
投資には、株式、債券、リート(REIT)の他にも、さまざまな種類のファンドがあります。分散投資の検討には、投資対象が異なるファンドをたくさんチェックしておくことが必要です。あらかじめどのようなファンドがあるのか、特徴を知っておきましょう。

具体的な買い方

ミックス投資信託に必要なインデックスファンド3選とアクティブファンド8選の合計11選が紹介されています。この11選の中からインデックスファンドとアクティブファンドを組み合わせて買うのが著者のおすすめです。

具体的な買い方が知りたい人は、実際にこの本を読んでみるといいでしょう。

今回紹介した「考えない投資生活」については、下にAmazonのリンクを貼っておきますので、読んでみてください。

お金の不安から一生自由になれる考えない投資生活
お金の不安から一生自由になれる考えない投資生活

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました