【ブログ】『ワードプレス』でブログを始める前に読む本

スポンサーリンク

はじめに

こんにちは、ぴーかんです。今回は、初心者がワードプレスでブログを始めるのにおすすめの本『本当によくわかるWordPressの教科書』を紹介します。

ぴーかんも『本当によくわかるWordPressの教科書』を読んでこのブログを作成しました。この程度から始めてみたいという初心者にもわかりやすいと思うので、気になる人は読んでみるといいと思います。

ワードプレス
DSC_0418

ワードプレスについて

初心者がブログを始める場合は、「無料ブログ」から始めることが多いのではないでしょうか。私も無料ブログを最初に始めました。

無料ブログの最大のメリットは、ブログを運営する費用がかからないことです。実際に「お金をかけてまでブログをやる必要はない」と考えている人は多いので、無料で始めたいのであれば無料ブログがおすすめです。

ところが、有料ブログには以下のメリットがあります。

  • SEOに強いワードプレスを導入できる
  • アフィリエイトをするならワードプレス一択と言われている
  • 有料ブログは広告がない

以上の3点以外にもワードプレスにはメリットがあります。

そんなにメリットが多いのであれば「ワードプレスで有料ブログを運営した方がいいのかもしれない」ということになって、結局、ぴーかんもこのブログ『ぴーかんライフ』をワードプレスで始めたのです。

ワードプレスは優れているのか

現在、ぴーかんは「無料のはてなブログ」と「ワードプレス」の2本のブログを運営しています

まだ有料ブログを始めるかどうしようかと迷っている人は、とりあえず、ぴーかんの意見を下記に紹介しますので参考にしてください。ちなみに、ぴーかんのブログ歴は、「はてなブログ」は約1年、「ワードプレス」は半年未満の短い経験です。

ワードプレスはSEOに強いのか

まずは、ワードプレスがSEOに強いのかという疑問に答えたいと思います。

ぴーかんの感想では、SEOに関しては、ワードプレスも「無料のはてなブログ」も大きく変わらないと思います。もちろん、今後差が開いていく可能性もありますが、1年程度では差がないと思います。

理由は「無料のはてなブログ」でも十分検索上位を狙えるからです。「はてなブログ」がSEOに強いと評価している人もいますので、SEOにとって重要なのは、「ツール」より「記事の中身」ではないかと思います。

無料ブログでアフィリエイトに不利か

無料ブログは有料ブログと比べると機能的に見劣りするのは確かです。しかも、有料ブログは、お金をかければ機能を拡張できるので、自分の目的に合った使い勝手のよいブログを作ることができます。

将来アフィリエイトをするのであれば、ブログの拡張性と制限が少ないことは有利になるでしょう。これは「はてなブログの有料版」と「はてなブログの無料版」でも有料版の方が拡張性があるのでアフィリエイトには有利です。

ただし、クリック報酬型(アドセンス)の広告で収入を得ようとする場合、無料ブログは不利になります。理由は、もとから貼られている広告と自分が貼った広告が競合するため、自分が貼った広告のクリック率が低くなるからです。無料ブログで継続的に月に5千円以上の収益があるのなら乗り換えてみるのもいいかもしれませんね。

逆にASP案件を狙っているのであれば、影響は少ないのではないでしょうか。途中で広告をクリックする人は、そもそも記事を興味本位で読んでいるだけなので、ASPの案件で成約にまでに至るのは少ないかもしれませんね。

有料ブログは広告がない

無料ブログのもともと貼されている広告が影響しやすいのは、クリック報酬型(アドセンス)の広告で収益を得ようとする場合です。当然、競合する広告がある以上、一定数は競合する広告に流れることは間違いありません。結果として収益が減ることになるのでもったいないですよね。

クリック報酬型(アドセンス)をやろうとするのであれば、広告のないブログで始めるのがいいでしょう。

その他のメリット

個人的には無料ブログとワードプレスの違いで差を感じるのは、「自由度」が高いことですね。無料ブログで制限されていることが解除されれば、デザインからアフィリエイトまで自由にできます。これが一番のメリットかと思います。

結論

ぴーかんの印象では、「無料のはてなブログ」も「有料のワードプレスブログ」もSEOでは大きな差がないと感じます。まだ1年程度しか運営していないぴーかんの印象ですがSEOには不満はないですね。

収益性については、「ワードプレス一択」は少し大げさでしょうか。ワードプレスは知識がない人が始めるにはちょっと難しいというデメリットがあります。ワードプレスより「はてなブログの有料版」の方が投稿も簡単ですから、初心者の場合は収益もいいかもしれません。ワードプレスは、お金がかかるし、勉強も必要なちょっとハードルが高いツールという印象ですね。

ワードプレスを始めるのにおすすめの本

これまで色々説明しましたが、それでも「ワードプレス」を始めてみたい人は「本当によくわかるWordPressの教科書」を読んでみるといいですよ。

タイトルに「教科書」と書いているだけあって、教科書のように一通り学べる本です。特化している本ではないので「これだけ知りたい」という人には向かないかもしれません。

おすすめの理由

この「本当によくわかるWordPressの教科書」を読んで学べる内容は主に以下のとおりです。

  • トップページ
  • ブログ
  • ギャラリー
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ショッピングカート

ショッピングサイトを作成する手順で説明されています。ぴーかんはショッピングサイトを作るつもりはまったくなかったのですが、「ロリポップのサーバー」の説明がわかりやすかったのでこの本を購入しました。

ワードプレスで最初につまづきやすいのは、「ドメインの取得」「レンタルサーバーの利用方法」「ワードプレスのインストール」ですかね。それから、ブロックエディタの「Gutenberg」も注意が必要です。この本では「Gutenberg」でのブログ作成に特化していますので、 「Gutenberg」 の教科書といえそうです。

まとめ

今回紹介した 「本当によくわかるWordPressの教科書」 はワードプレスで本格的なサイトを作るための教科書です。単にブログを投稿するだけなら「ここまで必要ない」と思うかもしれませんが、ドメインの取得、レンタルサーバーの利用方法、ワードプレスでのブログの作成方法までしっかり学びたい人にはおすすめの本です。

リンクを貼っておきますので、よかったら読んでみてください。

本当によくわかるWordPressの教科書 改訂2版 はじめての人も、挫折した人も、本格サイトが必ず作れる
本当によくわかるWordPressの教科書 改訂2版 はじめての人も、挫折した人も、本格サイトが必ず作れる

レンタルサーバーは月額220円からと低めに設定されているロリポップレンタルサーバーがおすすめです。ぴーかんもロリポップのサーバーを使っています。無料体験もあるようなので、興味のある人は下のリンクからご覧ください。

ロリポップ!レンタルサーバー
【WordPress利用満足度No.1】のレンタルサーバー「ロリポップ!」月額220円からWordPressが使え、ワンクリック60秒で簡単インストール!今すぐ10日間の無料お試し!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました